交通事故に遭って被害者が亡くなってしまったときには、加害者に対して損害賠償の請求ができる遺族は被害者の相続人にあたる人になります。
被害者の遺族が全員損害賠償請求をできるという訳ではないということに注意する必要があります。
死亡者が出てしまった交通事故のケースでは、損害賠償請求ができる遺族は誰かを確定させることが必要です。

kanransha
亡くなってしまった男性の被害者に配偶者である妻がいる場合や、亡くなってしまった女性の被害者に配偶者である夫がいる場合は、配偶者が相続人となって別の相続人と一緒に損害賠償請求をする権利を相続するということになっています。
配偶者とは別の相続人については民法によって順位がつけられています。
第一位にあたる相続人は被害者の子供にあたる人で、子供がもう亡くなっていて孫だけがいる場合は、孫が第一位にあたる相続人となります。
そのため、被害者に子がいたり、孫がいたりする場合は配偶者と一緒に被害者の相続人になり交通事故の損害賠償金を請求する権利を持ちます。
この場合は、被害者の兄弟や姉妹、親にあたる人については交通事故の損害賠償金を請求する権利を相続されないことになります。
第二位にあたる相続人は被害者の親にあたる人で、被害者に子供や孫がいないときには、親が被害者の配偶者と一緒に交通事故の損害賠償金を請求する権利を相続することになります。
mori
この場合は、被害者の兄弟や姉妹にあたる人については交通事故の損害賠償金を請求する権利を相続されないことになります。
第三位にあたる相続人は被害者の兄弟や姉妹にあたる人で、被害者に子供や孫や親にあたる人がいないときには、被害者の兄弟や姉妹にあたる人が被害者の配偶者と一緒に交通事故の損害賠償金を請求をする権利を相続することになります。
もしも被害者の兄弟や姉妹にあたる人がすでに亡くなっているときには、被害者の兄弟や姉妹にあたる人の子供が被害者の配偶者と一緒に交通事故の損害賠償金を請求する権利を相続することになります。
交通事故の損害賠償金は、加害者が加入している自動車保険会社の担当者が示談金を提示してきますが、その示談金に納得がいかない場合は、交通事故の示談金交渉について実績のある弁護士などに相談して、代理人となってもらい、加害者が加入している自動車保険会社の担当者と交渉してもらうと、相続人が被った交通事故の精神的苦痛を含めた損害に相応の損害賠償金を得られる可能性が高くなります。